世界で人気な祭りベスト4

生と死、動物、宗教的象徴、ボート、そして氷の彫刻など、世界では様々なお祭りが開催されています。お祭りの時、街は音楽と色鮮やかなパレードで活気づき、他の季節には行われないような古代の儀式を目にすることもあります。

この記事では、世界中で人気のお祭りをご紹介します。

インドの「DIWALI FESTIVAL」

10月中旬から11月中旬にかけて行われるこのお祭りは、インドをはじめとするさまざまな国で行われています。ヒンドゥー教、シーク教、ジャイナ教などでは、悪に対する善の勝利、闇に対する光の勝利、無知に対する知恵の勝利を祝う日です。

街中を歩くと、ランタンやディヤと呼ばれる小さな粘土のランプが家や店、公共の場を照らし、花のディスプレイがさらに街を華やかに飾ります。5日間の祝祭期間中は、パレードやライブ演奏が行われる他、花火が打ち上げられます。

メキシコの「CELEBRATES DIA DE LOS MUERTOS FESTIVAL」

毎年10月31日から11月2日のメキシコの祝日「死者の日」は、友人や家族が集まり、祈りと儀式で亡き人を偲び、敬意を表する期間です。カボチャやカボチャ、マリーゴールド、キャンドル、シュガードクロなどの飾りが町中に見られます。オブレンダは礼拝所というよりも故人の出入り口であり、その目的は愛する人の魂を「家に迎え入れる」ことです。

夕暮れ時に家族が墓前に集まり、一緒にごちそうを食べ、物語を語り合い、ダンスや歌を歌いその時を祝います。

タイの「SONGKRAN FESTIVAL」

これは、タイで行われている仏教のお正月を祝うお祭りです。東南アジアの国々でも行われていますが、国や地域によって名称や日程はやや異なります。タイでは、通常4月中旬の長期休暇に行われ、パレードやダンスパフォーマンスなどが行われます。最も有名なのは水かけ合戦です。

新年を迎える準備として、寺院では仏像を水で洗うことが一般的です。この水かけ合戦は、町中が水鉄砲や水風船、バケツの水などで武装し、互いに水をかけ合う全国規模の水かけ合戦に発展しました。また、4月の乾燥した暑さから解放されるという意味も持ちます。

グアテマラの「SEMANA SANTA FESTIVAL」

聖週間の始まりを記念して、グアテマラ各地の村々では、イエスと聖母マリアの巨大な彫刻を乗せた山車、線香、豪華な衣装を着て参加するイベントなど、様々なことが行われます。

アンティグアは、灰の水曜日に始まり、聖なる金曜日に終わる聖週間を祝う、グアテマラで最も素晴らしい場所です。数ヶ月前から準備された、花やおがくず、ヤシの葉などを使って手作業で織られた芸術的なアルフォンブラで、人々が通りを埋め尽くします。