世界最古のお祭り4選

祭りは、大昔から人類の文明の特徴であり、ある特定の日にある特定の行事を祝うために設けられています。文化的、宗教的な意味合いもありますが、お祭りは日常から離れ、人生をより楽しむための社交の場なのです。ここでは、世界各地の最も古い祭りをご紹介します。

  1. Nevruz:最も古い祝日の一つで、多くの地域で祝われています。5000年以上の歴史があります。トルコの人々が、自分たちの民族がエゲネコンを原点にしていることを記念するために祝います。また、ある文明は、この日を大洪水の後、ノアが地球に足を踏み入れた日だと考えています。今日が神が最初の人間を創造した日だと考える文明もあり、春分の日だと考える文明もあります。

ペルシャ語でNevruzは文字通り 「新しい日」という意味で、多くの人が家を掃除して飾りつけをし、ごちそうを用意するのが一般的です。人々は集まり、訪問したり、ゲームをしたり、Nevruzの火を飛び越えて希望が叶うようにお願いをします。

  1. Sterling Renaissance Festival:最も古いフェスティバルの1つとされており、オレンジ郡のワーウィック近郊で、7月の最初の週末に行われる伝統的なイベントです。1585年までさかのぼるこの祭りには、コメディアン、ミュージシャン、俳優など、さまざまなエンターテイナーが集結し、会場を盛り上げます。

また、乗り物やアクティビティもこのイベントの一部で、家族連れやカップルで楽しめるイベントになっています。

  1. 葵祭:世界最古の祭りの一つとして知られ、その起源は6世紀とされています。天気を司る賀茂の神を鎮めることを目的とし、暴風雨が続き、病気が蔓延し、飢饉が発生し、人々の生活が困難になったことから始まった。

5月3日、島賀茂神社で弓道の披露から始まり、平安時代の衣装を身にまとった人々の行列が見どころです。この行列は、歌と踊りに彩られながら聖なる森へと続き、アラミタマ神を迎えます。祭りはほぼ2週間続き、いくつかの行事が行われます。

  1. エジプト収穫祭:13世紀にさかのぼるこの祭りは、13世紀に十字軍と戦ったモロッコのスーフィーを称えるものです。何百万人もの人々がアル・グレイブ・バダウィに集まり、礼拝と敬意を示します。このイベントでは、蛇使いや火喰い人など、いくつかのパフォーマンスがあります。

墓前で若者を祝福したり、割礼を行ったり、宗教的な賛美歌に合わせて踊ったりもします。この祭りは、通常、綿花の収穫が終わった10月下旬に行われます。